オススメ本

無駄に生きるな熱く死ね/直江文忠レビュー・感想

こんにちは、かずやです。

最近Youtube動画やtwitter、本などを見ていると成功している人ほどアホほど本を読んでいることに気付かされます。

そういうわけで、僕も頑張って月に2冊3冊と読む本の数を増やすと共にアウトプットとしてブログ記事にまとめるということをしようと考えています。

今日紹介するのはサンクチュアリ株式会社代表取締役の直江文忠著の「無駄に生きるな熱く死ね」です。

27の無駄な人生を過ごす代わりに、熱く燃え上がる人生を送るためのヒントが紹介されている。

この本は何かで結果を出したいと思っている人、とりわけビジネスで成功しようと思っている人にはオススメの本です。

本の情報

本情報

出版元 Sanctuarybooks 価格1200円+税 2006年9月30日初版刊行

書名「無駄に生きるな熱く死ね」 著者 直江文忠

まずこの本の内容を大まかにまとめる前に著者の生い立ちを知っておく必要がある。

著者の生い立ちは知って、より一層本の内容が熱く感じられるようになったからだ。

直江文忠とは

1977年、台湾省台北生まれ。サンクチュアリ株式会社・代表取締役。バラック小屋で生活する貧困の幼少時代を経て日本に移り住み、自分が華人であることを意識しながら育った。その後、養父が経営する会社が倒産して一家離散。人生の無常さを感じる日々の中で、世界一の事業家になることを固く決意する。2003年、幼なじみの死をきっかけに葬儀業界のあり方に疑問を抱き、故人や遺族にとって本当に幸せなセレモニーを模索しようとサンクチュアリ株式会社を設立。わずか27歳で年商30億円企業まで急成長させた

「無駄に生きるな熱く死ね」プロフィールより引用

台湾人ということで1980年代の日本であっても差別に苦しむことになった。

日本で日本人ではなく、台湾人がここまで大きな成功を納めたのだから今の自分はなんて恵まれた環境にいるんだ!と思った。

本の概要ー気に入った2箇所の紹介

27の格言とその説明によって本が構成されているが、ここでは大学生である自分が最も惹かれた箇所を2つ紹介する。

15 実績を出してしまえ。面倒だから。

相手に有無を言わさないためにも、さっさと実績を出してしまった方がいい。説得材料をあれこれ考えるよりも、よっぽどシンプルで楽だから。

新しい提案は、たいてい相手を警戒させるか、あきれさせるだろう。もしくはその両方だ。

少なくとも、相手にすれば言葉の説明だけでは判断がつかない。理解できないものに対してお金やチャンスを提供したり、忠誠を誓ってくれる人はなかなかいない。

まずは相手が納得するような実績を、既成事実として見せる必要がある。

それも死ぬほどがんばらないと達成できないだろうと容易に想像できるような実績だ。

「無駄に生きるな熱く死ね」P.82引用

読んだ瞬間目頭がかっと熱くなるのを感じた。

そう自分はブログを今書いているが、それで誰もが納得するような結果を出せば良い!とただ素直に感じた。

1 無駄に生きるな熱く死ね

無駄に生きるな。熱く死ね。

誰かによって作られた目標に翻弄されることなく、自分の本心から生まれた目標を大切に。

そしてやると決めたからには、腹をくくる。すべて自分のせいだ。

パートナーが悪かった。時間が足りない。もっとお金さえあれば。いいアイディアが浮かばない。意見を聞き入れてくれない。後でそういう言い訳をしないように、決断するときは「もしも途中でやめたら自分の片腕を差し出す」くらいの覚悟があるかどうかを確かめる。腕を切られれば痛い。それでも本当にやり通せるかどうか、自分の心とゆっくり向き合いたい。

自分のことは、自分んで決める。

自分との約束を、自分から裏切らない。

「無駄に生きるな熱く死ね」P.17引用

中途半端でいつも納得してしまう自分や、とりあえずやらないよりはやったから偉いで満足している自分が情けなくなった。

成功している人は成功している所以があったのだと感じた。

本のレビュー・感想

約1時間半で1回も立ち止まることなく、読み終えてしまった。そんな1冊でした。

自分の場合、まだブログを始めたばかりということで、読んでいてそのことばかりが気になり出した。

自分の計画の甘さ、熱意の弱さ、決断力の弱さについつい反省をさせられた。

孫正義しかり直江さんしかり、幼少期の貧しさの中で決断して、成功に上り詰めた。

僕も逆境に負けず、強く決断し、邁進していきたいと思う。

読んでいて、驚いたのがメンタルの部分に詳細に触れられていたことだ。

何かをやる以上健康でなくてはいけない、そのために我を忘れて遊ぶ時はしっかり遊びメリハリを持って仕事に当たっているところは新たな発見で見習わないといけない。

以上、「無駄に生きるな熱く死ね」のレビュー・感想でした。

無駄に生きるな熱く死ね (Sanctuary books) [ 直江文忠 ]

価格:1,296円
(2019/5/9 22:05時点)
感想(6件)