大学生の生き方

成功者に学ぶ、成功するための思考法を解説する。

こんにちは、ど根性大学生ブロガーのかずや(@o0btuFofcjdXZ6x)です。

実は今日初めてホリエモンの本を読みました。読んだ本は話題の「多動力」。

元々僕自身偉そうな態度を取るのでホリエモンが嫌いでした。

ですが多動力を読んで、そのような態度にこそ成功するためのヒントが隠されていることを知りました。

今回は僕なりに本や記事などで学んだ、現代の成功者が大事にしている価値観を3つ紹介したいなと思います。

やりたいことを追求する

最近ブロガーあんちゃさんの「アソビくるう人生をきみに。」や幻冬社編集者箕輪厚介の「死ぬこと以外かすり傷」やホリエモンの「多動力」を読みました。

これら3人の本を読んで感じたのが、みんな自分の好きなことを追求して仕事にしているなということです。

一般人の感覚だと「仕事=辛いもの」で誰も苦痛を感じることを追求したくありません。

逆に好きなことを仕事にしている人は、興味の赴くままに仕事し、次第に技術が上がり、最終的に自身の市場価値が高まります。

なので成功したければ、耐え忍ぶより楽しいと感じられる仕事を見つけることが重要です。

こういった人達の感覚では遊び=仕事が成り立っているのです。

仕事をする相手を選ぶ

成功している人は全ての仕事を受けようとしません。

自分がやってみたい、価値観が合っている仕事を選んでいます。先ほどの自分のやりたいことを追求するのと似ていますね。

また人間関係においても、自分の仕事に悪影響をもたらす人物や生産性のない人物に対してキツく当たったりして、人間関係を整える傾向が見られます。

つまり八方美人では成功者になれないということですね。

自分の人やものに対する評価基準を持ち、それを満たさない人は完全スルーしてエネルギーを使わない。

要はスポーツ選手みたいにここ一番で力を使い、それ以外は手を抜く感覚と似ています。

そういう強い思いがあるからこそ、成功できるのかもしれません。

人に嫌われる勇気を持っている

誰からも好かれる成功者はいません。ならばいっそのこと、嫌われてもいいやと嫌われる勇気を持っています

例えばホリエモンは会議中にスマホをいじっていますし、箕輪さんは断られても頑固にその作品のもつ魅力に関して説明したりしています。

一方で一般人は人に嫌われないようにお世辞を言ったり、行きたくもない飲み会に行ったりしています。

成功したければ、人の顔色を伺っていてはいけません。

自分の価値観で行動するようにしましょう。

あなたは自分の人生を他人に委ねますか?

まとめ

ここまで成功者が持つ価値観を紹介してきました。

おさらいをすると以下の3つの価値観を重要視しています。

  • やりたいことを追求する
  • 仕事をする相手を選ぶ
  • 人に嫌われる勇気を持っている

これらの考え方を普段から持って少しずつ実践していけば、成功者に近づけるのではないでしょうか?

それでは〜

アイキャッチ画像引用元:https://benesse.jp/contents/history/sakamotoryoma/