オススメ本

少女漫画「エースをねらえ」を読んで努力の大切さと本当の愛を知った

こんにちは、ど根性大学生ブロガーのかずや(@o0btuFofcjdXZ6x)です。

実は今着々とカナダに留学するために準備をしていますが、日本を離れる時絶対に持っていきたい漫画があります。

ザ・昭和の名作ですが、少女漫画の「エースをねらえ」です。

エースをねらえと言えば、最近では上戸彩さんで実写ドラマを撮られたりしている題材となった漫画です。

さらにあの日本一熱い男松岡修造さんがセリフに赤線を引いて常日頃持ち歩いている、そんな漫画でもあります。

どうしてこれだけ多くの人の心を揺さぶるのか?またどうして皆さんにオススメしたいのか?と言うことを今回は記事にしていきます。

エースをねらえとは?

引用元:https://animeanime.jp/article/2019/03/05/43830.html

エースをねらえは山本鈴美香さんが1973~1980年まで「週刊マーガレット」に掲載したテニスを題材としたスポーツ漫画です。また現在はアニメ化もされています。

「エースがねらえ」が流行った時、テニス部入部希望者が激増するなど、社会問題を引き起こしたそんな漫画でもあります。

エースをねらえのあらすじ

蝶のように舞う華の女子高校生プレイヤーお蝶夫人に憧れ、テニス強豪校の西校テニス部に入部し、憧れのお蝶夫人のお世話役をするなど楽しい高校生活を送っていた1年生の岡ひろみ

しかしある時、新任顧問の宗方コーチがひろみのテニスの才能を見出し、ひろみの高校生活は激変していきます。

実力がないのに代表メンバーに選ばれ、先輩や同級生の嫉妬を買い、ひどいいじめにあったり、激しいコーチの指導に嫌気がさしたりと辛い思いをすることになります。

しかし、男子テニス部のエースで生徒会会長の藤堂さんや親友のマキ、ダブルスパートナーのお蝶夫人、宗方コーチに支えられて激しい特訓や苦悩を乗り越え一流テニスプレーヤーになっていくお話です。

努力出来る名言が溢れている

「エースをねらえ」には努力している人が心に響く名言がたくさんあります。今回はその中でも個人的に好きな名言3つを紹介したいと思います。

①お蝶夫人のセリフ

なんなのさっきのプレイは!

負けることをこわがるのはおよしなさい!

たとえ負けてもあたくしはあなたに責任をおしつけたりしない

それより力をだしきらないプレイをすることこそをおそれないさい!!

「エースをねらえ」より引用

代表メンバーに選ばれ、お蝶夫人と初めてダブルスを組まされ、緊張して思うように力が発揮できないひろみに放ったお蝶夫人の言葉。

僕自身この言葉にすごく励まされ、大学受験のテストを受ける前自分に言い聞かせていました。

②宗方コーチの名言

あとは精神力だ

ここまでだと思ったとき もう一歩ねばれ!

「エースをねらえ」より引用

何かをしていて苦しい時、あともう一歩だけと常に自分の心を強く持てる名言。

受験生の時はあと1単語だけと思って勉強していました。

③宗方コーチの名言

トップクラスになるには、トップクラスの苦しみを
舐めなければならないぞ。
しかし、誰も好んで苦労はしないからな。そうやって、無理やり
苦労させられる人間は幸せだ 知らない間に伸びる

「エースをねらえ」より引用

皆苦労しているんです、どっちが先に音を上げる?上げたものはどんどん相手に離されていく。

だから努力を毎日欠かせないと心を強く持てる名言。

本当の恋愛とは何か?を学べる

この漫画を読んで、僕自身の恋愛観がガラリと変わりました。人に話してもなかなか理解されないのですが、変わる原因になったエピソードを紹介します。

実はこの漫画少女漫画なのですが、告白して付き合ってデートしてっていう描写がないのです。どちらかというと恋に溺れ自分の力が出せなくなった人の姿が描かれています。

ですが周りは決してひろみのことが嫌いなのではなく、むしろ好きで相手のことを思ってそういう関係にならないようにしているところが胸に響きました。

宗方コーチが男子テニス部のエース藤堂に向かって放った一言。

男なら女の成長を妨げるような愛し方をするな!

こんな風に考えられる人がいますか?このセリフを聞いてから、例えば好きで応援したい人がいても告白しなかったり、振られても陰で応援したりするようになりました。

まとめ

ここまでエースをねらえがなぜ人に愛されるのか?について話してきました。

約40~50年前の漫画ですが、今読んでもかえって新鮮な感じがする漫画です。

amazonやブックオフなどで売られていますのでよかったら手に取って読んでみてください。

amazonページは以下のリンクから飛べます。


エースをねらえ (文庫版) 【コミックセット】