大学生の生き方

大学生ほど読書をすべき3つの理由。読書をすればイチローになれる。

こんにちは、ど根性大学生ブロガーのかずや(@o0btuFofcjdXZ6x)です。

大学の行き帰りの電車で周りを見回すと、多くの人がスマホをいじっています。

何をしているのかな?とのぞいてみると、大抵ゲームかラインでやり取りをしています。

それを否定するつもりはないのですが、正直もったいないなと思います。

僕は通学時間が約2時間もあるので、あるときスマホではなく読書に当てようと本を読み始めました。

本を読み始めてから、読書の持つ素晴らしさを感じることが出来るようになりました。

今回は、多くの大学生に本を読んで欲しいという思いから、読書によって得られる3つのメリットを紹介していきます。

本の持つメリット

本を読むことによって得られるメリットにはいくつかあります。

単純にほとんどの大学生が読書をしないから、読書をすると差がつくよといった話をよく耳にします。

ですがどのように差がつくのか?ということまで説明してくれる人は少ないです。

今回はどのような点で差が付くのか?を深掘りしていきます。

ざっと本を読むメリットをまとめると下3つになります。

  1. セルフイメージを強めることが出来る
  2. セルフプロデュース出来るようになる
  3. 日常生活にアンテナを張ることが出来るようになる

セルフイメージを強めることが出来る

セルフイメージとはどういったものか?をまず説明します。

セルフイメージは直訳すると、自分の姿のイメージ。つまり理想の自分をイメージするということです。

本では普段なかなか会って話を聞けないような人の話をテレビや講演会より詳細に、恥ずかしい話まで知ることが出来ます。

例えばイチローがどのように考えてプレイしているか本を読めば分かります。

またプロのトレーダーがどのような意識で日々トレードをしているかを知ることも出来ます。

また本来であれば講演会などで、数千円〜数万円かかる話がより詳細にまとめられた状態で500円~2000円という低価格で読むことが出来ます。

そう考えると本を読むということがいかにお得なことか分かっていただけると思います。

そんな成功者の考えや努力のやり方を知ることで、現時点の自分と理想の自分の間に筋道が見えるようになってきます。

またおぼろげだった目標もそこにたどり着くとどのような世界が待っているかを知ることが出来るようになり、定まってきます。

このようにしてセルフイメージを強くすることが出来ます。ここまでくると成功者になるのも時間の問題です。

セルフイメージを強めて大学に合格した話

少し余談ですが、僕は大学受験の時にこのセルフイメージの考え方を知り、受験勉強に取り入れたことがあります。

セルフイメージを強めるために、まず目標を明確にするということをしました。

例えば周りの友達や先生に「大阪大学(阪大)に合格する」とあらかじめ宣言しておきました。

当時Youtubeにリアル受験生として、「大阪大学合格までの軌跡」としてシリーズ物で動画を出したりもしていました。

さらに高校2年生の時には、実際に阪大の講義を半年受講し(高校生限定講座)たり、土曜日には大学に行って阪大生と混じり読書したりしました。

また勉強本も買いあさり、東大やハーバードに進学した人の勉強法を学んだりしてセルフイメージを強めていきました。

セルフイメージを十分に強めたおかげで、理系クラスに在籍しながら、さらに精神疾患を患っているなど圧倒的に不利な状況から文系学部に現役合格することが出来ました。

セルフプロデュースすることが出来る

セルフプロデュースも補足説明しておきます。

セルフプロデュースとは、自分を売り出したり、自分の磨いたりすることです。

プロ野球を例に説明していきます。

プロ野球では一見すると1人1人選手の孤独な戦いのように見えますが、実は監督やコーチ、裏方や栄養士、バッティングピッチャーや医学療法師など多くの人に支えられてプレイ出来ています。

選手は多くの人の助けがあってようやく試合で結果を出せているというわけです。

ですが一般人の僕たちにはそのような人が身の回りのおらず、仮にいたとしても多くのお金が必要になってきます。

ですが本を読めば、実際にそういった特殊な知識を持った人のやり方を吸収することが出来ます。

もちろんイチローなどの大スター選手のトレーニング方法を吸収したりも効果的です。

このように本を読めば、格安でセルフプロデュースが出来るようになります

日常生活にアンテナを張ることが出来るようになる

読書とりわけ小説などを読むと普段は何気なく過ごしている毎日が少し違って見えるようになります。

例えば小説に出てきた舞台ってこんな感じかな〜と思いを馳せたり、何かを見た時に気持ちが揺れ動いたりします。

つまり精神的に豊かになれるのですね!

人間関係においても、想像力が高まるので相手のことを思いやることが出来たりします。

このように本を読めばアンテナを張り、物事に敏感になり、精神的に豊かになれるのですね!

まとめ

このように本を読むと教養が付くだけでなく様々なメリットがあります。

読書をして自分を磨けば誰もがイチローのようになることが出来るのです。

自分の可能性を見い出すためにも、ぜひ本を読んでみてください。

きっと今何をしたらいいか分からないというもやもやを解決するヒントが見付かると思います。

それでは〜

この記事で個人的にオススメの本を紹介しているので、気になる方はぜひ読んでみてください。