お金の勉強

大学生は投資をやらない方がいい理由

こんにちは、かずや(@o0btuFofcjdXZ6x)です。

普段twitterを見ていて思うのが大学生でもFXや株式投資を多くの人がやっているなということです。

恐らくですが一時期ネットで流行ったBNFさんや株式トレーダーが数時間で数億円と稼ぐ姿を見て憧れを抱いたため始めるのだと思います。

そういった人達を否定するつもりはないのですが、個人的には投資はやらない方がより大学生活を充実出来ると思うのです。

今回は僕がそう思う理由とお金を使うポイントに関して説明していきます!

投資をやらない方がいい理由

上で述べたように株式投資やFXをやることによって確かにメリットもあります。

例えば企業事情に詳しくなる、経済に詳しくなるなど普通の大学生が体験出来ないようなことを体験出来るメリットがあります。

しかしその一方で以下のようなデメリットが考えられます。

  • 機会損失に繋がる
  • 1日中値動きが気になり気持ちに余裕がなくなる

機会損失に繋がる

株式投資などでよく聞くフレーズかと思いますが、例えば一部上場株100株を購入するのに50万円かかったとします。

その50万円は株式を保有している間、利益を出してくれるかもしれませが、他のことにお金を使うことが出来ません。

大学生が社会人と異なっている点は時間の有無だと思います。

普通の社会人だと夏休みみたいに2ヶ月間休むのは実際問題難しいので、この休みを活かすようなお金の使い方をする方がいいと思います。

個人的にオススメなのが海外で生活することです。

ワーキングホリデーや海外インターン、Airbnbを利用してただ住むのもいいかもしれません。

ちなみに50万円あればアメリカカリフォルニア州で1ヶ月~2ヶ月生活することが出来ます。

1日中値動きが気になり気持ちに余裕がなくなるため

株式投資もそうですが、投資を大学生が始めると単に高くなったら売る、安くなったら高くなるまで待つというスタンスになってしまいがちです。

そのようなスタンスであればずっとスマホやパソコンの画面を見ていなくてはいけません。

上がれば気持ちが高まり、下がっていれば気持ちがどんよりします。

気持ちをしっかりコントロール出来れば問題ないのですが、もしそうでないならばストレスがたまったりします。

その結果大学での勉強に支障が出る恐れもあるので注意が必要です。

大学生がお金を使うべきポイント

先にも説明した通り大学生には社会人と異なり「時間」がたくさんあります。

その間、留学や旅行など時間が掛かるものに時間とお金を投資しましょう!

あるいは株式投資やFXより簡単な自己投資にお金を使うことがオススメです。

個人的には経済状況も大切ですが、より根本の部分であるお金の教養(ファイナンシャルインテリジェンス)をまず身に付けるべきだと思います。

そのために僕はファイナンシャルアカデミーの「お金の教養スクール」を受講して勉強しています。

ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」では無料でお金の勉強が出来るのでオススメです。

このように大学生の間は時間が掛かるものや自己投資にお金を使うのがいいんじゃないかなと思います。

それでは〜