バイト

塾講師バイトってぶっちゃけどう?

こんにちは、かずや(@o0btuFofcjdXZ6x)です。

塾講師バイト 大学生なら誰もが一度は考えたことがあるアルバイトの1つではないでしょうか?

中学生・高校生時代に教えてもらっていた塾に今度は教える側としてアルバイトに挑戦する大学生も多いと思います。

実は僕かずやも中学・高校時代とは異なる塾ですが、2つの塾で1年半ほど様々な学年の生徒さんに指導してきました。

色々な学生と交流できる反面、忙しいなどマイナスな意見もある塾講師バイトってぶっちゃけどうなのかについてまとめていきます!

塾講師バイトってどんな仕事

塾講師のバイトでは以下のような仕事をします。

  • 生徒に教科を指導する
  • (電話対応をする)
  • 夏期・冬季講習のカリキュラム作成
  • 教室清掃
  • チラシ配りなどの業務
  • 研修参加

意外と勉強を教えるだけじゃないということが分かっていただけたと思います。

特に夏季・冬季講習のカリキュラムの作成はかなり大変です!!

また大手になればなるほど、月に1回位の頻度である研修に参加する必要があります。

僕が働いていた所は研修が休日丸一日とかあり、かなり負担になっていました。

塾講師バイトのいい点

塾講師バイトは以下のようにいい点もあります。

  • 座って指導出来る
  • 平日短い時間で働ける
  • 勉強になる
  • 指導法が上達する

飲食バイトなどを経験した方は最初塾講師はなんて楽なんだと思うかもしれませんね!

座ることが出来るので他のバイトと比べ体力的に楽なバイトと言えるでしょう。

また塾講師バイトを通じて教えるのが上手くなります。

他の上手い講師の真似をしたり、分かりやすくて説明するにはどうしたらいいのか?と考えているうちに普段から説明が上手くなったりします。

僕が塾講師バイトをまた始めようと思っている最大の理由がこれですね!

塾講師バイトの悪い点

塾講師バイトには以下のような悪い点もあります。

  • 給料が少ない
  • 頭が疲れる
  • 教室長が勉強出来るとは限らない
  • シフトの融通が利かない

塾講師は基本的に生徒のスケジュールに合わせて「この曜日の何時から」といった感じで固定シフトを組みます。

そのためインターンや長期旅行などに挑戦しずらいということがあります。

またコマ数で給料が出るので生徒が少なければあまりシフトに入れず、給料が少なくなりがちです。

塾講師バイトは大抵平日の夕方から10時くらいまでなのであまり長い時間シフトに入ることが出来ないという事情もあります。

また夏季・冬季講習では講師の人手が足りないといったことが起こりがちです。

そのため割りと強引にシフトに入れられるなどして長期休暇の間自由に過ごすことが出来なかったりします。

最後に

塾講師バイトは確かに座って作業出来る分身体的にはあまり疲れませんが、頭から疲れるということがあります。

夏季・冬季講習の際は連続して何コマも担当したためかなり疲れました。

ただこういったデメリットがあっても、自分の教えた生徒が志望校に合格したり、目標を達成したりするのを見ると自分も達成感があったりします。

やりがいという面では他のバイトよりも塾講師バイトの方があると思うので、気になる方はぜひ挑戦してみてください。

個人的に塾講師バイト求人案内のオススメは塾講師ステーションです。

塾講師ステーションより応募で採用後5000円もらえます。

塾講師ステーションはこちら