コミュニケーション

元コミュ障が教える!会話が続く考え方と具体的練習法

こんにちは、かずや(@o0btuFofcjdXZ6x)です。

先日、中学時代以来の友達から僕が中学の卒業文集で「コミュ障で友達いない」ということを書いていたことを知らされました!!

僕は全くもって忘れていたのですが、いざ調べてみると「はっ!」確かにありました。昔は会話が下手で友達があまりいなかったんですよね〜今もあんまりいないけど。

中学3年生の時にこのままだと友達も彼女も出来ないと焦り、会話術の本を色々購入して研究したのを覚えています。

だけど今は普通に女子と目を見て話せますし、デートにも行きますし、先週の日曜日には初対面の大学生とバイト中喋って、バイト終了後途中まで一緒に帰りました。

元コミュ障の僕が会話が続くようになった考え方と方法を紹介します!

コミュ障はなぜ生まれるのか?

そもそもコミュ障と自称する人はなぜ生まれるのでしょうか?

結論を言うと、内向的な性格で自信がなく、あまり人と話してこなかったからです。

僕自身、中二で勉強至上主義になり誰とも話さず、勉強ばっかりやっていたら成績は伸びましたが、色んな点で青春を損しました。

なので会話の基本を知って繰り返し練習することで、自信を付けていきましょう!

会話はカレーライス、ルーが相手で、ライスが自分

分かりづらい表現かもしれませんが、会話の基本的なスタンスとしては相手に7割喋らせて、自分が3割喋るといった感じです。

そして自分自身がよっぽどイケメンだったり、美人なら受け身でもいいですが、そうでないなら自分から話かけに行きましょう!

その際意識するのは「相手の服装、髪型、持ち物、共通の話題」をまず話題に上げることです。

例えば相手が可愛いキーホルダーを付けていたら、「そのキーホルダー可愛いですね!」から「どこで買われたんですか?」などすかさず展開していく感じです。

ただ相手の立場に立って、ずっと質問されている状況はキツイと思うので相手が突っ込めるように適度に自己開示をしていくのがポイントです。

例えば、先ほどの例で言うと「私もそのシリーズ好きなんですよ!」とか「私はよく〇〇に行くのですが、それは〇〇で買われた感じですか?」などです。

慣れてきたら、自分に興味をもってもらえるように少し自分の話を長めにして相手:自分=4:6 or 3:7にしてみてもいいかもしれません。

オススメ本(実際に中学生の時に読んでいた本です。)

会話のルールが一通り学べる本になっているので、この本を参考にしてみるといいかもです。

ツイキャスなどでチャットしてみる

会話の練習としてリアルでおばちゃんなど自分と年が離れていて、話しやすい人にちょっとずつ話しかけるというのがオススメです。

だけどなかなか難しいという人もいると思います。

そんな時は配信サイト(ツイキャスなど)のチャット機能を使ってみるといいと思います!

チャットであれば、返答を考えるのに時間が取れるし、万が一気まずくなったらブラウザバックするだけでその人の元から去ることが出来ます。

僕は高校でなかなか女子に話しかけられない時、ツイキャスでJKに話しかけて慣らしていくということをやっていました。

おかげで今はある程度話が出来るので、一定の効果があったのかな?と思います。

気になる方は挑戦してみてください!

会話は皆最初は苦手、練習するしかない

普段話してみて「この人あまり喋り慣れていないな」とか「この人自分からは話しかけられない人だな」と感じることがあります。

もちろん僕自身もまだ年配の方とや社会人の人と喋ったりするのは苦手です。

苦手意識を取り除くにはやはり場数を踏む必要があります。

たとえ今会話が下手だと思っても、人より会話の練習をしてこなかっただけと割り切って日々学び、実践していってください。

そうすればより深い繋がりが出来るようになってくると思います。

ROAD TO VICTORY」 2004~2011年までの中日ドラゴンズのスローガンです。

この言葉をあなたに送ります。