バイト

俺的、大学生にオススメの日雇い・単発バイト

飼い猫に座っていた椅子を奪われ、床の上でブログを書いています。最近新たにバイト(家庭教師時給2250円です( ✌︎’ω’)✌︎)を始めることにしました。

なぜ始めたかというとジムに通いたかったからです。最近アメリカンライフスタイルにハマっています。

今日はバイトについて記事を書いていきます。とりわけオススメの日雇い・単発バイトに関して書いていきます。

日雇いバイトがオススメな訳

日雇いバイトは僕みたいな怠け者にはオススメなバイトです。なぜなら普通のバイトでは、この週はテスト前だから休みたいなと思ってもシフトにバイトが入ってしまったり、上司と合わなかったりということがありがちだからです。

ですが日雇いバイトは、上司が嫌でもその日我慢すれば解放されるので結構気楽です。

また同じように大学生も求人に応募するため、交友関係を広げることも出来ます。

風呂屋の食堂で、モデル体型の美女とご飯を食べて、おしゃべりした思い出があります。財布を落として連絡先を聴き損ねましたが・・・

また色んな職種を試せるのでバイトを始める前に試しで働いてみるということも出来ます。

飲食のバイトも日雇いバイトで入ることが出来るのでオススメです。

使ったサイト

使ったサイトはフルキャストとフルキャストアドバンスというサイトです。似た名前ですが、別の組織のためお気をつけください。

 

フルキャストはこちら

フルキャストアドバンスはこちら

 

なぜこれらのサイトを使ったかですが、どちらともWEB登録出来るからなんですね!

家にいながら登録出来て、気に入った案件があればネットから応募出来るので簡単にお仕事が決まります。

フルキャストが飲食や工場、交通整理などを扱っているのに対して、フルキャストは事務所移転や引越しなどを扱っています。

やったバイト

今までやってきた日雇いバイトをざっと列挙していきます。

事務所移転、引越し梱包、食品工場で盛り付け、寿司屋、居酒屋、お好み焼き屋、銭湯食堂、病院清掃、アダルトビデオ店での軽作業、運送業仕分け作業。

大体こんな感じです。事務所移転と引越し梱包はフルキャストアドバンスでそれ以外はフルキャストから応募しました。

俺的オススメバイト

個人的には飲食系はオススメかなと思います。なぜオススメかというと事前にある程度仕事の忙しさの予想がつくからです。

事前に働く場所をネットで検索すれば画像とか乗ってるのでなるべく狭い場所や客の少なそうなとこにするといいと思います。

あとまかないがもらえるのが大きいですね!

飲食的では毎回最低500円以上の物を食べさせてもらいました。お好み焼き屋は丸々1枚お好み焼きがもらえたので案件がある度に応募しました。

それと事務所移転もオススメです。事務所移転って重労働のように思われますが、台車に物を載せて運べばいいので、それほど肉体労働ではありません。

また短時間で終わることがあるというのもメリットです。例えば10時から16時までのお仕事で、仕事が早く終わり14時に終わった場合、10時から16時までの給料が全額もらえます。

これはしばしばあることで5回に2~3回くらいの頻度であります。

1度、4時間の勤務で現地に行ったらほとんど作業することがなくて、ベテランの方がやるので帰っていいと開始1分で帰らされたこともありました。

もちろん4時間分の給料が出来ました!

絶対にやってはいけないバイト

①アダルトビデオ店での軽作業

個人的に一番キツかったのがアダルトビデオ店での軽作業です。男ならアダルトビデオ店で働けるなんていいじゃんと思うかもしれません。

ただ思い浮かべて見て欲しいのですが、今時街のビデオ屋ってこじんまりとしていませんか?僕の行ったところはコジンマリとしていてエレベーター、エスカレーターもありませんでした。

買い取って来たDVDを詰めた箱を1階から4階まで流れ作業で次の人にひたすら渡すという作業でした。

大体1箱10kgぐらいはあったと思います。

それを後から次々と運ばれてくるので休む暇もなく階段を行ったり来たりし、次の人に渡していきます。

終わった時にはヘロヘロで身体中が痛みましたし、半袖で作業したため腕がカッターで切られたみたいに傷だらけになりました。

②食品工場

コンビニ弁当がラインでひたすら流れてくるので盛り付けしたり、出来た商品をカゴに入れて積んでいくという作業でした。

ひたすら盛り付けを行なっていると時間の感覚が麻痺して来てかなり作業したのにたったの5分しか経っていないという風になり、「この世の地獄だ」と思いました。

商品の積み上げでは上司から何も指示されずに、聞いてもあまり教えてくれず、失敗したら怒鳴られたり、一生懸命作業しても追いつかないほど商品がラインに乗って流れて来たりしました。

イライラと腰の痛みでかなり参ってしまいました。

③運送業仕分け作業

これもかなり肉体的にキツかったです。ダンボールがラインに載って流れてくるので送り先ごとにそのラインに流していくという作業です。

Amazonや楽天などで最近は荷物の量が増えたことを身を持って体験しました。

分けても分けても次から次へと流れていき、さらにはそれを地面に積んでいかなければならないので分けては積んでとかなり大変でした。

何度もラインを止め、怖いにいちゃん達に怒られないように「すみません〜」とひたすら謝らなければなりませんでした。

結局新人なのに僕のラインだけ通常2人で作業するところを1人で作業させられたのが原因でした。

作業が終わった後、腰がかなり痛かったことを覚えています。

軽作業は危険ワード

軽作業というと軽いものを運ぶのかな?と思いますが、15kg以下ぐらいだという認識でいましょう。間違ってもハサミ1つとかそんなレベルではないです。

つまり軽作業は軽作業ではないということです。

まとめ

日雇いバイトは基本的に普通に求人を出しても人が集まらないものばかりです。そのため基本的には普通のバイトよりもしんどいことが多いです。

そのためある程度いろんな種類のものに応募して働いてみてよかったら繰り返し働くというのもありです。僕は居酒屋で毎週働き、週一でバイトの打診をされました。

時間のある大学生は前日でも応募出来るのでぜひ活用してみてください。