お金の勉強

学生のうちから会社に依存しない無敵な状態で働くマインドを身につけよう。

こんにちは、ど根性大学生ブロガーのかずや(@o0btuFofcjdXZ6x)です。

今日こんなツイートをしました。

実は先日ホテル客室清掃のアルバイトに初出勤しました。そこでは労働基準法に違反する行為がいくつも見られ、労働基準監督署に相談に行きました。

違法行為を平気でする企業が、キチンと給料を払ってくれるか不安だったからです。

結果的に無事給料を支払ってもらうことは出来ました。その後嫌がらせなどありましたが。

ですがこのことがあって以来、ブラック企業が身近な存在に感じるようになりました。

もし仮に大学を卒業し、やっとの思いで就職した企業がブラックだったら?

今回は就職先がブラック企業でも、すぐ会社を辞めれるようにするには?ということをお話していきます。

今回の記事は2ch開設者西村博之さんの著書「無敵の思考」を参考に記事を書いていきます。


無敵の思考

無敵の状態で働く3つの方法

無敵な状態で働くにはどうしたらいいか?

無敵な状態であるにはいつ事を辞めてもお金に困らない状態 である必要があります。

お金に困らない状態とは具体的にはどのような状態のことでしょうか?

  • スキルがあり転職が容易
  • 働かなくてもお金が入ってくる仕組みを持っている
  • しばらく働かなくてもいいぐらいの貯金がある

スキルがあり転職が容易

いつでも会社を辞めれるように、自分の市場価値を高めることが重要です。

手段の一つとしてスキルを身に付けることがあります。

twitterを見ているとプログラミングをやっている人が多いですが、案外みんなが持っていないスキルの方がレアな人間になれます。

ホリエモンの著書「多動力」では複数のスキルを掛け合わせてレアな人材になれば、給料が高くなると紹介されていました。

例えばプログラマー、ファイナンシャルプランナー、コンサル経験といった具合に組み合わせてみるといいかもしれません。

働かなくてもお金が入ってくる仕組みを持っている

明日クビになったとしても、他に十分な額のお金を産む収入源があれば全く問題がありません。

このような勝手に自分のポケットにお金を入れてくれる資産を持つことが重要です。

例えばブログはある程度更新しなければいけませんが、続ければ少ない労力で24時間お金を生み出してくれる仕組みになるかもしれません。

あるいは株式投資の配当金や不動産投資からの家賃収入を得るという選択肢もあります。

このように自分の身を守るために複数の収入源を持つことが重要です。

しばらく働かなくてもいいぐらいの貯金がある

普段から貯金をして入れば、万が一会社を辞めてもしばらくは生活することが出来ます。

例えば貯金が100万円あり、年に180万円使うのであれば半年は余力があります。

なので貯金は先ほどの資産と同様に自分の身を守ることに繋がります。

お金が貯まる貯金の仕方

ここで効果的な貯金のやり方について紹介します。

多くの人は、毎月もらう給料を生活費に回し余ったら貯金するというやり方をしています。

ですがこれではなかなか溜まっていきません。

そこでオススメなのが、毎月決まった額を給料が入った時点で引いて貯金するというやり方です。

一般的に生活費:貯金:投資=6:2:2がバランスが取れていると言われています。

まとめ

ここまでブラック企業に就職したときに自分の身を金銭面で守る方法を紹介してきました。

大学生の内からこれらのお金の扱い方になれていると、社会人になった時にすぐに転職することが出来ます。

ぜひこれらのことを意識して普段からお金を使うようにしてみてください。

それでは〜