お得な生活

オレ流どんどんお金が貯まる節約術 賢くお金を使う方法

こんにちは、かずや(@o0btuFofcjdXZ6x)です。

今回はお金にまつわる話です。皆さんはお金を正しく使えていますか?

飲み会やデート代、服や趣味など大学生は時間があるのでお金をたくさん使ってしまっている人が多いかもしれませんね。

ふと財布を見るとお金が少なかったり、クレジットカードの請求額がエライことになってしまうことが過去ありました。

お金を効率よく使うためのオレ流の方法をいくつか紹介していきます!

時給換算をする

何か欲しいものがあった時に衝動的に買ってしまう人がいます。

バイトから帰宅する最中、かっこいい(かわいい)服を見つけてすぐに買ってしまうような人です。

仮に服が8000円だったとしたら時給1000円×8時間をしてまで欲しいかということを考えてみてください。

大抵の場合、そういう風に考えると「いらないかな〜」となることがほとんどです。

またそれでも欲しい場合は1週間待ってまだ欲しいなら購入するのがオススメです。

ラテマネーを減らす

ラテマネーを意識して減らしていくとちりつもで多くのお金を節約出来ます。

補足しておくとラテマネーは、普段買い物などに行った際に行うちょこちょこ買いのことです。

あるいはコーヒーやジュースなど一つ一つはそれほど高価ではないもののことです。

お店は例えばガムやミンティアなどをレジの前に置くことで、消費者にちょこちょこ買いさせようとしてきます。

このような戦略を知ってるだけで、必要のない買い物を防ぐことが出来ます。

あるいはスタバなどの代わりにコンビニでコーヒーを買うなど、商品単価を下げることも有効です。

購買意欲をそそる心理テクを知る

先ほど紹介したように、お店は様々な心理テクを使って客にお金を使わせようとしてきます。

例えばスーパーでは基本的に左回りで回るように設計されており、左回りの方が購買意欲が高くなるようになっています。

あるいはアンカリング効果と呼ばれる、18000円⇨9800円みたいな表示法を使ってるところもありますね。

これは意図的で消費者は「9800円で18000円のものが買えるなんてお得」と思ってしまいます。

このような心理テクは学生御用達のマックでもスタバでも使われているので是非調べてみてください。

ルールを設けてお金を使う

僕は毎週金曜日、1週間お疲れ様って意味を込めてご褒美を与えるようにしています。

上限金額500円で500円までなら自由にお金を使えるというルールですね。

あるいは平日は予習が大変な講義のあとはジュースを購入するなどルールを設けています。

このようにルールを設けていると、適度にお金を使うのでストレスなく節約することが出来ます。

まとめ

という訳でここまで説明してきたことをまとめると下のようになります。

最初から全部を実践すると大変なので一つずつ自分にあったものから実践してみてください。

僕自身もお金をより正しく使えるように勉強⇨実践の流れで改善していきます。

それでは〜