大学生の生き方

あなたの人生は誰のためにあるのか?というたった一つの質問で自由に生きれるようになった。

こんにちは、大学生ブロガーのかずや(@o0btuFofcjdXZ6x)です。

自分はこういう風に生きたいけど、周りの目が気になって挑戦できない。

僕自身今までこのように考えて生きてきた。大学受験で大学のネームブランドに拘って受験をした。けど今ではそれが正しい選択だったのかは分からない。

バイト先などで多くの同い年位の人に会って話を聞いてみると色々な生き方があることに気付いた。

正規の大学だけじゃなく、専門学校などで自分の勉強したいことを学んでいる人は、朝都心部に向かう電車の中で殺伐としたサラリーマンよりもイキイキとして見える。

あなたの人生は誰のためにあるのか?

自分の人生は誰のためにあるのか?」ということを僕は中学生の時から考えてきた。そしてここ最近より意識するようになった。

よく考えてみると、今までの人生は親や先生から「いい大学に入って、いい会社に入りなさい。」という自分じゃない他人の価値観を忠実に守ってきた人生ではなかったか?

今の自分は自分の頭で考え、調べ選んできた結果なのだろうか?ー恐らくそうじゃない。限られた枠組みの中で限定的に決断してきたんじゃないか?と思う。

「大学を卒業したら、大人」と言われるが本当の意味で大人になれる人はどれくらいいるのだろうか?

言われたことを忠実にこなす、教師から言われたことに従うのでは子供と一緒ではないだろうか?

自分がしたいことは何か?を考える

twitterを見ていると、フリーランスや起業家、ブロガーなど好きなように生きている人が多いことに気付かされた。

そういう人は本当の意味で大人だと思うし、自分の人生を生きているのだと思う。

何も会社に就職しないことが正解というわけじゃないけど、それに違和感を感じたのであれば自分のしたいことを追求する人生を目指してみるのもありなんじゃないかと思う。

もちろんそれを目指すことは、周りの人が体験したことのない苦労をする羽目になるかもしれない。

でも自分のやりたいことを追求しているのだから、自分の人生を生きているという実感が得られると思う。

僕自身海外で働くことに昔から興味を持っている。高校生の時からグッと地球便を録画して毎回見ていて、海外で働く日本人に憧れを持つようになった。

そのために2020年からワーキングホリデーでカナダに行って外国で働いてみようと思っている。

自分の人生は自分のためにある、悔いのない人生を送るために自分のしたいことを追求する人生を送れるようになりたい。